スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
黒船は来ない
二年のご無沙汰です、mand1です。

日本を代表する大メーカー、ソニーやホンダの凋落が伝えられて久しいです。私などその両メーカーの信者といってもいいほど製品を愛していました。特にホンダなど、2ストロークエンジンが主流のオートバイ500ccのレースに、出力で劣る4ストロークで参戦するなど、常軌を逸しているとしか思えないイカレた(最大限の賛辞)メーカーでした。私は若い頃オートバイに乗っていましたがもちろん愛車はホンダ製。創始者のチャレンジング・スピリットに心酔していました。

”ものづくり”の復権が叫ばれて久しいですね。日本がこのところ世界の製造業をリードできない状況は、テレビの画面を4Kや8Kにすることで解決できるでしょうか? 先行きの見えない閉塞感に覆われているのは何も製造業においてだけでなく、エンタテインメントやサービスなど、あらゆる分野において共通しています。より性能や生産性を上げる、安く作るといった、すでにあるものを発展させたり洗練させるのは得意ですが、これまで無かったものを一から創るとなると沈黙してしまう。私はこれまで日本人が各論ばかりをやって、本質的な総論部分においてじっくり考えることをしてこなったことのツケが回ってきた、その手法による発展の限界を迎えているのだと考えています。

エンタテインメントの分野における空騒ぎは時代の終わりの狂想曲のようです。祭が終わりに近づいていることを皮膚感覚で分かっているので、考えるのを止め、皆でええじゃないかと踊っているのだとすれば納得です。
今度ばかりは黒船の外圧によってでなく、自らが考え変化し、道を探さなければならないような気がします。いつまでも来ないゴドーや「三丁目の夕日」の再来を待つのでなく、海図のない回航の準備しているようで、なんだかワクワクします。
[2017/09/14 05:42] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 多様性について考えた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thereminmasamin.blog12.fc2.com/tb.php/247-24ac5e75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。