スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
14歳のわたし
Back to ’81、mand1です。

1981年、14歳の頃の私のライブビデオを久しぶりに観る機会がありました。もちろんテルミン演奏でなく、バンドのキーボード奏者としてです。テクノは一切やらないのに”Techno Paradise(テクノパラダイス)”と名乗る、アリスのコピーバンドでした。中学生はときにおかしなことを考えるものです。

私はもともと音楽というよりも、音そのものに興味があり、カセットテープレコーダーを肩に担ぎ、自然の音を録音しては自宅に帰って聴く「生録」に興じる小学生でした。iPhoneなど、誰にでも簡単に録音できるツールが普及した現代からすれば、そんなことをして一体何の意味があるか理解に苦しむ部分もありますが、録音して聴くという行為そのものが、とにかく面白かったのです。生録小僧の憧れはパラボラ集音器でしたが、小学生の小遣いで買えるものでなく、傘をパラボラ集音器替わりにするなどして代用しました。そういうことを指南する本があり、雑誌の特集なども組まれ、SLが走る音やサファリラリーの音などがLPレコードに収録され売られている、そんな時代でした。

私の音楽への目覚めは遅く、音楽との能動的な関わりは先述したバンド加入がきっかけでした。私の兄がギターの弾き語りなどに興じており、弟の私もきっと何か音楽ができるのではないかとの推測から私を誘ったのでしょう。しかし私は音楽はからきし門外漢で、和声の概念も分からず、どうして鍵盤には黒鍵が必要なのかすら理解できない状態でした。中学三年の夏、部活動のバレーボール部も一回戦で早々と敗退し、ちょうどよい暇つぶしにもなるかと思い、軽い気持ちで引き受けました。我が家にはピアノなどありませんでしたが、当時ヤマハからポータサウンドという、楽器初心者でも自分で伴奏を付けながらメロディを弾けるキーボードが発売され、兄がそれを持っていました。そのキーボードを用い、音楽理論について分かりやすく兄が説いてくれました。音楽は数学的な秩序でできていることが分かり、これなら自分にも理解できるかもと希望が見えました。最後に加入した私がメンバーの中で最も音楽理論を理解している存在になるのに、それほど時間を要しませんでした。高校の受験勉強も始めなければならない頃でしたが、それほど音楽にのめり込んでいたのです。

メンバーは秋の文化際でコンサートをやると言っていますが、具体的なプランがあるわけでもなく、私はこのバンドのコンサート開催を実現するためのプロデューサー的な役割も担うはめになりました。当時全国的に校内暴力の嵐が吹き荒れていましたが、地域の中でも群を抜いて名高かったのが、私の在籍した中学校でした。先生は殴られる、トイレはたき火になるなど、暴力と大騒ぎで、毎日たいへん賑やかでした。ドラムを担当するバンドの中心的メンバーは、バイオレンスの中心的存在でもあり、その彼とはクラスメートで私は学級委員を務めていました。そんな彼がコンサート出演などしたならば、大げんかがはじまったり、それは収拾のつかない”事件”になってしまう恐れもあり、学校としても許可しない方針のようでした。彼は私の保育園からの幼なじみで、私の言うことはよくきいてくれました。企画書のような嘆願書のような書類を携え、なんど職員室に出向いたかしれません。
1981_TechnoParadise_12.jpg

きっとどなたか先生が、自分が責任を負うからと強く推してくれたのでしょう、我々のコンサートは開催できることになりました。ただ、会場は照明、音響設備もなければ舞台すらない、ただがらんとしただけの屋内体育場でした。今でこそ学祭パックだとかいって、一式揃うようなサービスもありますが、当時そんなものはありません。いよいよ受験勉強の時間を割いて、音響システムの勉強を始めました。小さな頃から生録やラジオドラマ制作に興じていましたから、まったくの門外漢ではないのですが、ミキサーを中心としたシステムなどこれまで扱った経験などありません。照明を吊すにもバトンもなく、天井のルーバーに直接ひっかけることにしました。しかし調光卓など手配できるはずもなく、あったとしてもそんなもの使いこなせもしませんから、壁コンセントにスタッフを置いて、直接プラグをコンセントに抜き差しするなど、今から思えば冗談のようなオペレートをしていました。しかし気まぐれに明暗するのでなく、すべての曲のキューシートを作り、照明を演出し、曲の進行に合わせ明暗をプログラムしたのは、自分ながら中学生にしてはよくやったと思いました。
1981_TechnoParadise_15.jpg

現在私たちがイベント開催の際におこなう、スタッフ要員のマネジメントは、この時の経験から始まっています。ある人は図工室から大型の机を持ってきて舞台を組み上げ、またある人は暗幕が無い会場だったので新聞紙で窓という窓をすべて目張りしてもらうなど、みんなで協力して何かを作り上げていく醍醐味を、この時知ったのしょう。

蓋を開けてみれば会場の屋内体育館に収まりきらないほどの生徒が押し寄せ、壁によじ登っている人もいるほどでした。熱気と興奮の中、コンサートは終了しました。逆風の中ここまでやってきて、目標はただコンサート開催でした。しかしコンサートはお客さんあってのもの。あんなに支持され、熱い拍手をもらえるとは思ってもいませんでした。
1981_TechnoParadise_10.jpg

私を音楽に誘ったメンバーはみな音楽から足を洗ってしまいましたが、行きがかり上始めることになった私だけが、いまだに音楽を続けています。その後始めたテルミンでの演奏活動において、あのコンサートで受けた拍手の熱を超えるものは残念ながら一度もありません。何もないところから創り上げていく喜びも、その時に知りました。テルミンやマトリョミンでやろうとしていることと同じです。1981年のあのコンサートは、私にとっての音楽の原点です。
1981_TechnoParadise_09.jpg
[2015/07/15 19:42] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<多様性について考えた | ホーム | 岩盤の声を聞け!>>
コメント
あれ?
中学でのバンド演奏、覚えてますよ。
アリスのコピーに感動した記憶が。
でもごめん、正実、ドラムだったんだw
メイン?の二人しか記憶に残っていない私、ごめんなさい。
Facebookにコメントできなかったので、こちらで失礼しました。

でも、正実の活躍、陰ながら応援してますよ。
[2015/07/16 10:14] URL | 同級生 #Xa0.Kibk [ 編集 ]
Re: あれ?
同級生の方

コメントどうもありがとう。
私はキーボード担当です。ドラムは徳さんね。

それでは、



> 中学でのバンド演奏、覚えてますよ。
> アリスのコピーに感動した記憶が。
> でもごめん、正実、ドラムだったんだw
> メイン?の二人しか記憶に残っていない私、ごめんなさい。
> Facebookにコメントできなかったので、こちらで失礼しました。
>
> でも、正実の活躍、陰ながら応援してますよ。
[2015/07/17 06:56] URL | mand1 #- [ 編集 ]
原点
竹内先生の音楽への情熱の原点を知ることができて感慨深いです。
自分の地平を拡げる試みはいつまでも心に残りますね。
雀百まで踊り忘れず・・・
演劇部だった私も、いまだに映画・ドラマのエキストラ出演にはまっています。
何の報酬もなく交通費支給もありませんが各地からみなさん参加されています。
[2015/07/17 10:22] URL | 杉本優子 #P8Kib52A [ 編集 ]
Re: 原点
> 竹内先生の音楽への情熱の原点を知ることができて感慨深いです。
> 自分の地平を拡げる試みはいつまでも心に残りますね。
> 雀百まで踊り忘れず・・・
> 演劇部だった私も、いまだに映画・ドラマのエキストラ出演にはまっています。
> 何の報酬もなく交通費支給もありませんが各地からみなさん参加されています。

そういうものがないと退屈で生きていけない人はいます。私も貴方もそういう人間なんでしょうね。
[2015/07/24 21:17] URL | mand1 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thereminmasamin.blog12.fc2.com/tb.php/245-4485001f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。