スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
偽物にご用心
見間違えられて嬉し? mand1です

お気に入りのイタリアの服飾ブランドがあり、1年半ほど前からステージ衣装にしています。襟に花びらのようなブートニエールが特徴で、時々テレビや雑誌で着ている人をみると、それまで特にその人に関心もなかったのに、親近感を覚えたりします。

DSC_0261.jpg


デパートの紳士服売り場をぶらついていたある時、ジャケットを羽織る男性の大きな写真が目にとまりました。襟元には件のブートニエールです。てっきり私のお気に入りの”ラ”ではじまるイタリアンブランドとおもいきや、なんとなんと、日本のアパレルメーカーのジャケットだというのです! 写真では見まがうほどにうり二つです。でも実際に実物を観察してみると細部がだいぶ違う…
本物そっくりの偽ブランドならまだしも、見間違えられることを期待するだなんて、その精神のいったいどこにおしゃれがあるというのじゃ!? 
ダサい国産車の中にもアルファやメルセデスとの”見間違われ”を期待するような姑息デザインをよく見かけますが、それと心根は同じですね。

算用数字で始まる件の国産アパレル、私の中でひとり不買運動中です。
[2013/10/31 20:31] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<大滝詠一さんについて | ホーム | 生きる喜び>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thereminmasamin.blog12.fc2.com/tb.php/235-2a8c0ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。