多数決でやれば?
テレビの”つぶやき”を非表示にするボタンありませんか、mand1です

私は民主的な問題解決法を好まず、多数決など尊重していないことについては、このブログでこれまで何度も述べました。
最近、全員の意見、特に少数の意見が尊重されるのが民主主義だと誤解されているような場面をよく見かけます。
いずれも放射能汚染がれき処理がらみだったと思いますが、大文字の送り火に被災がれきを使うことに対する反対、そして北九州が被災がれきを受け入れることになったので、その地に向かう修学旅行を延期した件。
放射能問題に敏感になって反対したり、延期を求める人はきっと居るでしょう。でもその意見、声は過半数を占めたのでしょうか? 民主的プロセスを尊重し、多数決をとって多い意見のほうに決めればよい、少数の意見は述べる機会は与えられても反映されないのが民主主義だと考えています。


民主的問題解決法を擁護するようなことになっていますね。このへんにしときます。
[2012/06/11 16:59] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<馬だ! | ホーム | アオバトは6月にやってくる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thereminmasamin.blog12.fc2.com/tb.php/218-0da54e84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |