さよならキドカラー
得ばかりしてると損しますよ、mand1です

日立がテレビの自社生産から撤退するそうですね。
テレビやラジオ製造は日本が世界に誇るクオリティ、お家芸だったことを思うと隔世の感があります。自動車産業もいずれは他国が主導的役割を担うようになるのでしょうか…

私が愛用する掃除機はMade in JapanのB社製で、30年使い続けています。機構がシンプルで壊れようがないのですが、なによりデザインが気に入っていることが、使い続ける主たる理由です。新しいものは古いものより良いという定説が崩れはじめたのはいつ頃からだったでしょうか? 決して懐古趣味など持ち合わせていないのですが、本当に最近の家電や車など見ると、所有欲が呼び覚まされることなど滅多にありません。製品に情熱が込められていないというか、卑しさやずるさがお利口をまとっているような印象があり、生活の友として家に迎え入れる気になれないのです。

私が小さな子供だったころ、どういう経緯か忘れましたが、隣町にある日立のオーディオ部門の工場見学をさせてもらえることになりました。生録などに凝りはじめていた頃ですから、あこがれの高級オーディオが作られる場を覗くことができるなど、それは胸膨らませて向かったのを覚えています。
オーディオ試聴室で”しばたはつみ”のレコードをソースとして、いろいろスピーカーの聴き比べをするなどしました。小さな子供相手にも関わらず、自社のオーディオ製品をそれは誇らしく語るエンジニアたちはまぶしくて、このスピリットにしてこそこの製品有り也と、子供心に納得したのを覚えています。


[2011/08/04 00:23] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<台風報告 | ホーム | 多数決について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thereminmasamin.blog12.fc2.com/tb.php/198-a714ab9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |