指向性
グリコのいちごフロートが恋しい、mand1です

マイクにはそれぞれ方向に対する感度の特性があり、指向性と呼んでいます。全方位に感度のよい無指向性や、前方に感度のよい単一指向性、さらにその幅を狭めた超指向性などがあります。

人もそれぞれ好みや趣味に指向性を持っていますね。芸術を生業とする人の場合”無指向性”はあり得ないでしょう。なんでも良い、全部好きでは、自身の芸術性が浮き彫りになることはないでしょうから。このごろ芸術家の人口が以前に比べ増えたように感じるのですが、こだわりを持つ人が増え一般化したことが背景にあるように推察しています。

しかし人生を愉しみ、豊かに生きるという観点からすると、指向性が鋭すぎるのは考え物かもしれません。「好き」の自覚が強ければ強いほど「嫌い」も意識せざるを得なくなり、ストライクゾーンを極端に狭くしてしまいます。そういう人は昔からいて”マニア”と呼ばれていたりしましたが、敬愛する鈴木慶一御大が四半世紀も前に「マニアの受難」で歌ったように、今や一億総マニア状態で、非マニアなジェネラリストを探すほうが困難なくらいです。

昔に比べこだわりを持って生きる人が増えたことと、恋愛関係が成立しにくくなったこととを因果として結びつけるのは短絡していると非難されそうですが、男女双方”超指向性”だったりしたら、狭いストライクゾーンが重なり合う機会はきっと少ないのだろうなと想った次第です。
[2010/05/20 06:10] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<< | ホーム | 反対の反対>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thereminmasamin.blog12.fc2.com/tb.php/156-2c22bd97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |