逢魔が時
笑顔に感動するのではないきに、ひたむきさにじゃ(オリンピックについて)、mand1です

テルミンは電波を使う楽器ですが、電波って空間でどういう状態をなしているのでしょうか。なにかのテレビ番組で音の拡散の様子を可視化させる装置のようなものを紹介していましたが、電波の状態も見られるのであれば見てみたいものです。
夕方に練習を始めようとしたときのことでした。音量変化の具合が普段と違うのです。これまで13年間、海外公演も含め、かなり手荒く扱われてきたにもかかわらず、ただの一度も故障しなかった愛機ですが、ついにその時がきたのかと、衝撃と不安に駆られました。音の鳴りはじめが普段より5cmほど高く、とにかくおかしいのです。コンサート会場によってはそのような現象が起こることもありますが、これほど変わったのは今日が初めてです。一晩おけば勝手に症状が収まっていることもありますが、原因が分からないのでは再発の可能性もあり、不安です。
テルミンの前を横切ってPC(旧いマック)に繋がれている電源延長コードがありましたので、もしやと思い引き抜いてみましたところ、あっけなく治ってしまいました。マックは起動しておらずただ電源に繋がれていただけでしたが、なにかしら影響を及ぼしていたのですね。とにくかく原因も分かって一安心、練習を続けました。



日も暮れてから異常の再現をしてみようと思いたち、同じ状況にしてみましたが、どうしても再現できません。テルミンは何事もなかったかのように調子よく音量変化してくれています。異常が起きたのはまさに夕暮れ”逢魔が時”。”妖しい”誰かがいたずらでもしていたのでしょうか…
[2010/02/21 23:52] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<雑味 | ホーム | リズム>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thereminmasamin.blog12.fc2.com/tb.php/148-5e58e3f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |