スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
遺伝子
”内股で歩く熊”が食べたい、mand1です

究極の個人情報といわれる遺伝子情報。たったいま見かけたニュースでも、これをもとにオーダーメードな薬を処方できるなど、遺伝子情報の活用に寄せる期待を伝えていました。
遺伝子情報をテーマとした映画としては「GATTACA」が秀逸でしたね。遺伝子優性の人が社会を支配する物語ですが、人種差別などと違って能力や寿命など生き物としての優劣が遺伝子情報から決定的に明かになり、抗いようのない納得の差別が生まれるなど、希望の持てない未来社会の様子を描いていました。
自分はいつ死ぬのかとか能力の限界とか、分からないからこそ希望を持てるし努力もできるのでしょう。本当に自分の遺伝子情報がわかって、個人で管理できるようになったりしたら、結婚するにあたり遺伝子情報の提出を求められたりするかもしれませんね。良いことばかりではなさそうです…
[2010/02/10 21:47] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<リズム | ホーム | 'シマシマ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thereminmasamin.blog12.fc2.com/tb.php/146-f330ebf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。