スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
WIRED
”放っておかれたい人”、mand1です

昔は「頓智」など”をかし”な雑誌があり、よく読んだものです。振り返ればいくつかの雑誌は私の人生のいくつかの場面における選択にとても大きな影響を及ぼしました。思いもよらない偶然が曲がり角の先に待ち構えているような、ページをめくるたびそんなワクワク感がありましたね。最近は航空会社系の冊子を二冊ほど定期購読しているくらいで、発行日を心待ちにするような雑誌はありませんでした。

ある日書店でふと目にとまり手にしてみれば「ワイヤード」の日本語版じゃないですか。数年前にテルミン奏者としてメールでインタビューを受けたことがありましたが、その後掲載され記事になったのかどうかも知りません。
なんとなく惹かれるところがあって購入し、早速目を通してみました。ソーシャルネットワークに関する記事などには「ナルシズム」「自己演出狂」など、私もずっと気になっていたキーワードとともに論ぜられており、おおいに共感できました。

世間で人気を博しているもので一体何が面白いのか分からないことが多く、SNSで散見される過ぎた自己愛の発露に付き合うキャパシティーも持ち合わせておりません。きっと私は現代の主流を成す価値観や感受性、行動原理から相当ずれており、精神性においてマイノリティであろうと自己認識しておりましたが、友は地球上にまだいることを「ワイヤード」日本語版は私に教えてくれました。久しぶりに雑誌に勇気づけられました。
スポンサーサイト
[2011/06/20 23:07] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。