スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「のだめ・後編」試写観てきました
モンスターはどこにいる?mand1です

映画「のだめカンタービレ最終楽章・後編」に、テルミン演奏部分の吹き替えで参加したことについては、以前このブログでも触れました。本日、制作関係者のみを対象とした試写会があり、行ってきました。

原作のコミックにはない場面の創作もあり、テルミンはけっこうフィーチャーされています。テルミンを演奏するヤドヴィはフランス人の女優さんが演じており、この人の演奏部分の吹き替えと演奏動作指導を担当しました。
演奏動作指導については映画が封切られてからこのブログでその様子についてご紹介しようと考えておりますが、結構たいへんでした。急遽、演奏動作の手元のアップ撮影部分の”手吹き替え”として、弟子の濱田佳奈子さんに参加してもらうことにもなった点のみご紹介するに、本日のところはとどめておきます。
演奏動作指導でご一緒したスタッフの方々とも再会でき、振り返ればわずか10日間ほどのつきあいだったのですが、苦楽を共にしたからでしょうか、ずっと昔から知っているような、懐かしい旧友に出会ったような感慨がありました。録音関係の作業は、打ち合わせから資料、録音データまで、これまですべてメールでやりとりしておりました。作編曲の松谷卓さんや、録音ディレクターとも本日初めてお会いすることができました。メールでも必要な情報は充分にやりとりできるのですが、やっぱり直接お会しお話できると、どういうことを望んでおられるのかとか、ニュアンスのようなものも得ることができますね。やはりこういう分野のことは、どんなに情報通信技術が進んでも、物理的な距離感を縮めないかぎり受け渡すことできないものかもしれないなと思いました。
数日前にネットの記事で見て知っていたのですが、ヤドヴィ役の方のセリフにも吹き替えがつくことになりました。蒼井優さんが担当されたのですが、やや;閉じた;感のあるヤドヴィのキャラクターイメージをうまく表せていたと思いました。ただ、本人(ヤドヴィ役のフランス人女優さん)とは、叱り、なだめ、励ますなど、テルミン演奏動作レッスンを通じ、彼女の喜怒哀楽をその声とともに記憶しているだけに、違う声が当てられていることに戸惑いを禁じ得ませんでした。

'
スポンサーサイト
[2010/03/30 15:58] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。