スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
イイナをひとつ手に入れました
猫と隠れんぼがしたい、mand1です

良いモノは決して安くありませんが、日々使うものであれば毎日「イイナ、イイナ」な気分にさせてくれるので、決して高い買い物ではないと考えています。高価だから良いのではなく、良いと感じさせてくれる要素があり、それが自分にフィットしているかどうかが良いと感じるポイントなのでしょうね。

茅野市でのマトリョミン教室からの帰り道、懐かしい友人を訪ねてみました。昔私のテルミン教室に参加してくれていた木工職人で、いまは南信にある小さな村に工房を構えています。彼が創る作品にはどこか儚げなエレガンスが宿っており、工房に転がるこれから椅子となるパーツを眺めているだけでも、その完成形が醸し出す完全なる美を容易にイメージすることができます。職人の腕と魂を有するアーティスト”アルチザン”。彼こそまさにそう呼ぶにふさわしい人物でしょう。気どりなく気さくなアウターと、木や木工に関する深い見識と技術、妥協なき美への探求といったインナーとの対比は、私の中にあるアルチザンのイメージそのものです。無造作に作業台に置かれていたお箸を分けてもらいました。音楽も愛する彼らしく、ギターの指盤にも用いられる黒檀でつくられたそのお箸は、触れたことのある人であれば分かる、なんともしっとりと指になじむ触感があります。また、実際に使ってみて関心したのは、お箸の先端がぴったり合っているので、食べ物をとても掴み易いことでした。己の優を声高に説くことなく、手にとった人にだけじんわり伝わる高品質。このお箸はまるで、作者である彼そのもののようです。



巷にあふれるスタイルとしてのストイックを装っただけのモノとは似て非なり。木工職人法嶋二郎さんの作品は以下のWEBサイトでご覧になれます。Etherwavethereminの筐体を自らカスタマイズした作品など、ため息がでるほどの美しさです。いとをかし。

http://www.cek.ne.jp/~ticotico/index.html
スポンサーサイト
[2009/07/28 01:27] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。